吹き出物を治すためには、体の内側からの対策も必要です。 その対策の一つが、漢方薬を服用して体質を改善することでしょう。 吹き出物にいい漢方はたくさんありますが、人それぞれ適した処方は異なりますから、漢方薬局や漢方医に相談するようにしてください。 吹き出物に効くといわれている処方としては、 ・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう) ・桃核蒸気湯(とうかくじょうきとう) ・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) ・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) などがあります。 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、赤く炎症を起こしている吹き出物に効果が期待できますが、苦くてかなり飲みにくいです。 顎にできた吹き出物が治った、生理前でも吹き出物ができなくなったという口コミもあります。 桃核蒸気湯(とうかくじょうきとう)は、月経不順や腰痛などにもよく用いられ、便秘しやすく冷え性気味の方の吹き出物を改善するのにいいでしょう。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)も、月経不順や生理痛を改善する効果が期待でき、吹き出物にも効くといわれています。 生理前に吹き出物ができることが多い痩せ型の女性には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がオススメです。 生理不順や冷え性、頭痛や肩こりを改善する効果もありますし、飲み続けることで吹き出物ができにくくなるでしょう。